キャバリアのちょこ&はなと一緒にカヤック&キャンプにはまり中

パンティングその後

PA290030.jpg
砧公園にて

今月はパンティングが心配で毎週のように獣医さんへ通いました

気になっていた諸々の検査をしてみました
ACTH刺激試験、甲状腺ホルモン検査、胸部レントゲン、
1か月ごとにしている肝・腎・膵の生化学的検査
どれも異常無しでした

残るは脳の問題
気圧の大きな変化と関係があるのか相談したところ、経口浸透圧利尿剤を昨日から
とりあえず1週間試してみることになりました

先日、先生から見せて頂いた文献ではキャバリアの90%がキアリ様奇形(症状が無い子も含めて)
MRI検査をするのが理想ですが、今のところするつもりはありません
若いころから疑ってはいたので、早いうちにMRIを撮ればよかったのに…と後悔しています

これがキアリ様奇形の症状かな?と思えるのは
・時々、頭がカックンカックン揺れる 
・3か月に一度くらいの割合で執拗に床を舐めまくる
・マズルを床や枕に擦り付ける
私が見てる限りではこのくらいです もっと出ているのかもしれません

それと心因性によるパンティング
少し呆けてきたかも?と思えるようなところもあるので
そういった老化に伴うカラダの変化への不安からでは?との事

なるべく穏やかに過ごし寿命をまっとうできるよう  頑張れ はなちゃん!!

 | ホーム | 

10月の下田

DSC01289.jpg

今回は私の誕生日記念旅行で下田へ
何だかんだ理由を作っては大好きな晴レ屋さん



続きを読む

テーマ:キャバリア - ジャンル:ペット

 | ホーム | 

秋眠

securedownload.jpg

老犬はとにかく眠る 
気持ち良さそうに寝てくれることに気を使います

なので 先週末より涼しくなったのに、暑がりハナのため
私の寝室は昨夜もエアコンつけました… 
ハナは氷枕も使ってます…



テーマ:老犬・高齢犬 - ジャンル:ペット

 | ホーム | 

尿中タンパク/クレアチニン比(UPC)

P9250049.jpg

先週末の検査では、尿中タンパク/クレアチニン比(UPC)も測定しました

以前より血液検査では、BUNが高値を示していてクレアチニンは正常の状態が続いています
UPCが高値の結果が出たら初期の腎不全が考えられるとの事

UPC 基準値 <0.5mg/dl  結果は0.0で大丈夫でした

検査項目ALKPALTASTCHOL
基準値23 - 21210 - 1250 - 50110-320
9月3日779017193
10月1日859816180

検査項目BUNCREALIPATRIG
基準値7-270.5 -1.8200-180010-100
9月3日530.8326189
10月1日480.7225492

BUNもリパーゼも少し下がりました
肝機能も大丈夫なのでACTH刺激試験もまだやらなくて大丈夫です
BUNが高いのにかわりはないので、また年末にUPCも測る予定です


長生きはして貰いたいけれど、年齢と共に腎臓に問題が起こるリスクは高くなるいっぽう
ちょこの闘病は本当に大変だったので、先生からは前から奨められていた
UPCですが結果を見るのが怖くて先送りにしていました

日に日に脚の衰えは否めませんが 頑張れ はなちゃん!!

テーマ:老犬・高齢犬 - ジャンル:ペット

 | ホーム | 

☆☆

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

お気に入り

RSSリンクの表示