キャバリアのちょこ&はなと一緒にカヤック&キャンプにはまり中

はなの近況

DSC09065.jpg

はな5月半ばより体調が優れずでした
一時は、もうダメかも…と思えるくらい白血球数が減り
ご飯も拒否、一日だけ夕方まで預け点滴をしてもらい
あとは抗生剤の注射とステロイドで回復してきました
何で白血球数が減ったのかは原因不明です

体調を崩す前は眼振の頻度が増えてきたので、
お友達に紹介してもらい東洋医学の先生を受診してきました

肝腎膵などの血液検査の結果は15歳にしたら優秀で何も問題無いとの事でした
(西洋医学的には気になるところはあります)
ただ眼振など特発性前庭疾患も癲癇発作の一つとして考えるそうで
いつ大きな発作が起きてもおかしくない癲癇気質とのこと
東洋医学的には脳への血流が悪いと考えるそうです
診察は問診と触診だけでおこなわれます

それと、ちょこが死んでからの状態は“ペットロス(ちょこロス)”だったそうです
クッシング症候群は、ちょこがいなくなり極度のストレスからの
一時的なものだったと考えられるのかな…

哀しみやストレスも心の痛みで、その痛みは食べることによって
糖質で抑えられるそうです(それは私もそう!と心の中で納得しました)
はな、ちょこが死んでから体重が2キロ近く増えました

DSC09351.jpg 

まなは避妊の術前検査で貧血を指摘され、その後改善したものの
食欲にムラがありドライフードに肉のトッピングをしていたら
タンパク質過多で尿素窒素が上昇してしまいました

まなも東洋医学の先生に診てもらいました
筋肉が少なく運動不足とのこと  
2時間の散歩にロングリードでボール遊び50回の指導を受けました
はなも1時間の散歩が理想だそうです


P6010084.jpg 

あとは食事療法です
はなは、今までのフードを10%減らして
煮た野菜と茹でたササミなどを追加
まなは、多分またドライフードを食べなくなると思うので
一日80グラムの肉と煮た野菜のご飯です

ご飯を替えたのとステロイドの影響なのか、はなの体重は元に戻り
まなは食欲は安定して尿素窒素も下がってきました

はなは穏やかに、まなは元気に過ごせるよう
頭でっかちにならず、東洋西洋のどちらも良いとこどりしていけばいいかな


はなの肝機能障害



はな 肝機能の数値が今年に入ってから徐々に上がってきています
エコー、ACTH刺激試験でも異常は見られず
加齢による肝機能障害とのことです
肝機能障害は薬の効果はあまり期待できないそうで

SADENOSYL.jpg

S-ADENOSYL-100 というサプリをすすめられました
薬よりも効果があるとのことですが
“食事の1時間以上前に飲ますこと” 
“噛んではいけない”
などの飲ませ方があり
割と大きめのタブレットで
最近では頑として口を開けさせないので
1粒で断念しました

なので急遽、ご飯には他の肝臓に良さそうなサプリなども足してみました

hanafood.jpg

最近のはなのご飯です

肝臓には
・ウコン 
・ダンドリオン+パウダー
・肝臓腎臓デトックスハーブ 
・プラセンタ
・ドライ納豆

その他
・プロモーション(関節用)
・転ばぬ杖(前庭疾患用)
・パパイヤ酵素(膵臓用)
・サーモンオイル
こんなにサプリ混ぜて大丈夫か?と思いましたが


ALT 805μ/l → 360μ/l
AST 68μ/l → 34μ/l
ALP 344μ/l → 305μ/l

と、改善傾向にあるので投薬も無しで
このまま様子見になりました

特に症状も無く、ゆっくりですが散歩も出来ています
まだまだ頑張れ はなちゃん!!




テーマ:老犬・高齢犬 - ジャンル:ペット

パンティングその後

PA290030.jpg
砧公園にて

今月はパンティングが心配で毎週のように獣医さんへ通いました

気になっていた諸々の検査をしてみました
ACTH刺激試験、甲状腺ホルモン検査、胸部レントゲン、
1か月ごとにしている肝・腎・膵の生化学的検査
どれも異常無しでした

残るは脳の問題
気圧の大きな変化と関係があるのか相談したところ、経口浸透圧利尿剤を昨日から
とりあえず1週間試してみることになりました

先日、先生から見せて頂いた文献ではキャバリアの90%がキアリ様奇形(症状が無い子も含めて)
MRI検査をするのが理想ですが、今のところするつもりはありません
若いころから疑ってはいたので、早いうちにMRIを撮ればよかったのに…と後悔しています

これがキアリ様奇形の症状かな?と思えるのは
・時々、頭がカックンカックン揺れる 
・3か月に一度くらいの割合で執拗に床を舐めまくる
・マズルを床や枕に擦り付ける
私が見てる限りではこのくらいです もっと出ているのかもしれません

それと心因性によるパンティング
少し呆けてきたかも?と思えるようなところもあるので
そういった老化に伴うカラダの変化への不安からでは?との事

なるべく穏やかに過ごし寿命をまっとうできるよう  頑張れ はなちゃん!!

☆☆

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

お気に入り

RSSリンクの表示